世界情勢をいち早く知るためのサービスがあるって知ってた!?

テレビやラジオなどのメディアでは決して報道することができない国際政治の裏側があることをみなさんはご存知でしょうか?

世界の政治経済が今後どのようにして動いて行くのか、日本への影響と実生活への影響などをいち早く知る手段があります。

それが『藤井厳喜のワールド・フォーキャスト』です。

藤井厳喜(ふじい げんき)

 – プロフィール – 

1952(昭和27年)東京都江戸川区生まれ。本名:昇。

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。在学中より将来の日本のオピニオン・リーダーを目指し、哲学・思想・政治学・経済学・社会学等を幅広く探求。

早稲田大学在学中、教養課程のゼミでは、バートランド・ラッセル論の牧野力先生に、専門課程のゼミでは政治思想の大谷恵教先生に師事。卒論のテーマは、エーリッヒ・フロム。

1977~1985年、アメリカ合衆国へ留学。経営学の権威ピーター・ドラッカー教授のいるクレアモント大学大学院で政治学修士号取得。ハーバード大学政治学部大学院へ進み、政治思想のハーベイ・マンスフィールド教授、哲学のジョン・ロールズ教授(『正義の理論』の著者)、政治発展論のサミュエル・ハンチントン教授(『文明の衝突』の著者)、社会学のエズラ・ボーゲル教授(『ジャパン・アズNo1』の著者)、日本学のエドウィン・ライシャワー教授(元駐日大使)、アメリカ外交論のスタンレー・ホフマン教授等に師事。政治学博士課程修了。

ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て帰国。

1982年8月以来、発行している会員制情報誌「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」は、1990年代の日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年9月以来の世界金融恐慌などの大胆な予測を数多く的中させてきた。ゼネラリストとして、未来を的確に見抜くその予測能力は、内外の専門家から高く評価されている。現在、拓殖大学日本文化研究所・客員教授、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。

著書に『日本人の知らないアメリカの本音』『アングラマネー』『世界恐慌2.0が中国とユーロから始まった』『「国家」の逆襲』『最強兵器としての地政学』等、多数。

内容

・レーダー照射事件で露呈した、文大統領の”焦り”
・韓国「妨害工作」の手口:“軍艦島”世界遺産登録でも騙されていた日本…
・トランプ”狂気の沙汰”か?メキシコ国境「壁」建設問題の真相
・毎日300人が死亡…米国内に蔓延するメキシコ製「輸入品」の正体
・2019年”大英帝国”分裂の兆し…EU離脱で得をするのは誰か?
・チャイナ離れする世界:パキスタン・モンゴル・ポーランドが中国を見捨てたワケ

興味をそそる内容ばかり!初月無料で試してみる!!

内容を少しだけでも見ただけでもそそる感じで、純粋に『知りたい!』ってなりますよね!?

世界情勢をいち早く知ることで何を得れるのか!?がとても重要ですが、わたしたちの身の回りにおきている出来事でさえも実は世界情勢からの影響が深く関係しているんです!!

その世の中の仕組みを知る上で、自ずと自分自身で置き換えて取れる行動が変わって来ます。

あなたもこの情報を活用して明るい未来を見つけてください!!

▼『藤井厳喜のワールドフォーキャスト』のお試しはこちらをクリック▼

プライバシーポリシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。