脳科学的に考えるマーケティング理論とは?

はいさい!空梅雨から空けた沖縄はカンカン照りの毎日が続いていて、汗が止まりません!!

どうもジンベエです。この暑さで脳みそも溶けてしまいそうですが、なんとか生きてます。w
みなさんは夏バテもせずにお元気ですか?

人間の脳は暑い!と感じた時に体が暑いと感じ始めます。何か買い物をするときでも、自分の想像より高すぎる価格を見た時に脳の反応が、つねられた時と同じ反応。痛いと感じた時の衝撃に似ているということがわかってきました。

そこで、脳の働きを研究し尽くしてどのように売り上げを上げていくかを研究した本があります。

「脳科学マーケティング」
脳科学

脳波計(EEG)を用いた研究で、今までの脳科学へかかる費用も抑えることができ、ある種の脳の活動を測定が可能になりました。

脳波計(EEG)とは
従来の脳波計とは異なり、デジタルファイリング、測定から再生、データ管理まで徹底して効率化に成功、尚且つコンパクトにデザインされた設計で、狭いスペースでも簡単に設置が可能になりました。今ままでになく、効率よくスムーズに測定ができるようになったので、小さな病院でも導入が可能になりました。

要するにこの本は、脳の働きを理解することで、その知識を自身のビジネスに活用し、商品の質、見せ方などのマーケティングを脳科学的に徹底的に追求するということです。
何か自分で確立したビジネスモデルを持っている方は、本書を読むことでスーパー売り上げアップが期待できるかもしれません。

わたしも今後WEBオンラインショップを目標にしているものとして、読み込んでいきたいと思います。
「農家学」ではないですよ!「脳科学」です!・・・・オヤジだな〜(^◇^;)w

「脳科学マーケティング」の購入はコチラをクリック!

プライバシーポリシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。